読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法の聖徳太子ディスプレイ

以前の未来の広告についての投稿で、マリリンモンローとアインシュタインが可能なことはわかった。でも、「同時に違うコンテンツを配信できる"聖徳太子"ディスプレイ」なんてやっぱりありえないのではないかという声を多数いただきました。

 

なので、特許出願考慮中のアイデアをここで公開してみようと思います。

 

まず、こういった2方面から見た時に見え方が違う看板のことは、みなさんどこかで見たことはあると思います。

 

 

 

 

では、3方向ではどうでしょうか?

 

 

そうですね。このように、四角形にすればいいですね。

 

4方向はどうでしょう。

 

 

 

おっしゃる通り。同じです。五角形にすればいいのです。もう分かってきましたね?

 

では、16方向は?

 

 

 

正解です。

 

では、これをどんな方面からでも見えるようにしたい時には、どうすれば良いのでしょうか?

 

.

.

.

そうです!にすれば良いのです。

 

 

もう一つ問題です。

ある角度からこのディスプレイを見た時、どのように見えるのでしょうか?

 

 

そうです。このように途切れ途切れになります。

細い線が途切れ途切れになっているだけで、面としては見えないじゃないか!

とおっしゃる方もいるかもいるかもしれません。

 

 

 

ここで、一つ思い出していただきたい中学校の物理の問題があります。

 

 

(http://www.wakariyasui.sakura.ne.jp/2-3-0-0/2-3-2-1rennzuwotooruhikari_hu.htmlさん

からの引用)

この答えは、実は「像全体が暗くなる」なんですね。

 

このようにレンズというのは光を集めてそれぞれを屈折させる装置なので、半分隠しても

像の半分が見えなくなるなどということはなくて、像が暗くなるだけなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

(http://starfort.cocolog-nifty.com/voorlihter/2007/04/post_b14d.htmlさんからの引用)

 

 

 

同じ原理で上のディスプレイもレンズを通せば、線が途切れ途切れに見えるということはなく、繋がっている時に比べて暗く見える...ハズ!!

 

もう一つ、産総研が「どの方向からも画像が自分に向いているように見えるディスプレイ」を開発したそうです。

↓↓↓

http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2016/pr20160509/pr20160509.html

この技術も応用すれば、同時に違うコンテンツを配信できる「聖徳太子」ディスプレイが作れるかもしれませんね。

 

 

こちらでもブログを展開しているので、ご購読よろしくお願いします。

www.toukyou-ad.com